アルバムトップ : 3その他 :  Total:100

並び替え:  タイトル () 日時 () ヒット数 ()
現在の並び順: ヒット数 (高→低)

71 番~ 80 番を表示 (全 100 枚)« 1 2 3 4 5 6 7 (8) 9 10 »



素材の劣化?

素材の劣化?高ヒット
投稿者asatakeasatake さんの画像をもっと!   前回更新2011-11-16 11:58    ヒット数600  コメント数0    

理科の授業でビデオを使っていました。
デジタルTVにわざわざVHSのアナログ教材を映し出しての授業です。

奇麗な映像を見慣れている今は、この画像の粗さをみるとレトロチックになってしまいます。

ただ教材の質としてみてみると、決して劣化はしていないんですよね。
おそらく、このような質の高い教材が、まだまだアナログのまま時代の流れからポツンと置き去りになってしまっているのではないだろうか…。
デジタル化時代の難民、アナログ教材…?

急速にデジタル化、高映像化が進む中、本当に教材の質の良さに目を向けなることをしないと、わざわざこのような教材を授業では使いません。
良い物は良い! それがアナログであっても…。

この部分は大切にしたいですね。
その上で、できればこのような教材をデジタルに移行していけると良いんじゃないかな…。

デジタル教材を一から作ろうとするから大変になる。
今ある教材を、今の技術を取り入れて作り替えるだけで、素晴らしい教材が出来上がりますよね。

ソフト探し

ソフト探し高ヒット
投稿者asatakeasatake さんの画像をもっと!   前回更新2010-12-8 22:31    ヒット数600  コメント数0    


毎年、毎年、生徒達がつまずく問題がある。
何度やっても、生徒達にうまく理解させることができない。
今日も、その授業をすることになった・・・

本校では数学の時間は少人数指導やTT指導を行っている。
本時はTTで授業を進めた。
一緒にペアーを組んでいるのは、技術科のK先生である。
僕が主導権を握って授業を進めていくわけだが、K先生がICTを効果的に使って授業をサポートしてくださる。

授業を進む中、K先生がネット上からソフトを見つけ出し、大型TVに映し出す。これが実に良くできたソフトで、このソフトを使ったおかげで、自分でも初めて納得のいく授業を行うことができた。

ここにICT推進の一つのヒントがある。

数学科の持っているコンテンツと技術科の持っているコンテンツは違う。このソフトは技術科だからこそ、提示できたソフトだと思う。たくさんの先生方のコンテンツを共有する良さ。
ネット上には、お宝コンテンツがたくさん埋もれている…。
みんなで掘れば、たくさん見つかる。



自学用教材

自学用教材高ヒット
投稿者asatakeasatake さんの画像をもっと!   前回更新2011-6-5 22:28    ヒット数588  コメント数0    

期末テストに向けて、休み時間や放課後に「寺小屋」なる学習会を開いている。
学校では頑張れるんだけど、どうしても家での学習が進まない。
そんな生徒達のために、家で学習する教材を作成した。
これでどのような成果があがるのかを検証したい。
(ちなみに専門教科は数学)

著作権上グレーゾーンではあると思うが参考までに・・・。

■期末勉強用 Web教材

家庭

家庭高ヒット
投稿者asatakeasatake さんの画像をもっと!   前回更新2011-1-31 19:21    ヒット数588  コメント数0    

○Best1 保育実習
保育実習の写真をフォトムービーに編集し、活動の振り返りをしました。
写真やビデオからは、その場で見えなかった「様々な事」が見えてきます。
自分の動きや表情、園児の嬉しそうな様子、園児用に合わせて作られている施設、園児の服装など、それら全てが教材になります。

○Best 2 シャッフル                 裁縫道具の名称を覚えることを目的に作りました。生徒達にも楽しみながら覚えることができると大変好評です。今後、布の縫い方、野菜の切り方、調理道具の名称などのシャッフルも作り、知識の習得につなげていきたいと考えます。

○Best 3 実物投影機(elmoくん)
家庭科は、身の回りにあるものを教材として扱うことが多い教科です。だから実物投影機は大活躍です。例えば生活住居分野では、広告に載っている家の間取り図を映し出し、住まいの役割や工夫の仕方、問題点などの意見交流を行いました。もちろん、生徒の作品の発表にも使用しています。ただ実物投影機は立体のものを見せるためにはひと工夫必要だと感じています。


最新モバイル

最新モバイル高ヒット
投稿者asatakeasatake さんの画像をもっと!   前回更新2011-1-31 20:01    ヒット数586  コメント数0    

最新モバイル!

数学家が最近、持ち歩いている「モバイル」を紹介する。
モバイルは何も最新のデジタル機器だけではない。
ここで紹介するのは、水性ペン・マジックリン・雑巾・スポンジである。
これが、数学家の最新モバイルだ!

デジタルスクリーンに直接ペンで書きこんでしまう!

こんな使い方は邪道かもしれないが、一番手っ取り早い方法だと思う。
大型ディスプレイに字を書きたくて、いろいろ試してはみた。
スクリーン前面に、透明なビニールシートを張る方法。
パソコンにソフトを入れてみる方法。
タブレットで書きこむ方法…。
結局、直接書き込むの方法が一番良いだろう…という結論!

ディスプレイの表面は強化ガラスが貼られているので、水性ペンで書くぐらいなら耐えられる。
ポスカもお薦めだ。
しかし、この場合は授業後に消すことを忘れてしまうと、あとでとんでもないことにはなる。インクがたれてドボドボ…という失敗もあったが、一番色のノリが良いのはポスカである!
これも一つの研究!

大型ディスプレイに組みあわせて使うのは、何もデジタル機器だけではない。
工夫次第で活用は広がる。

TVは見る時代から使う時代へ…
こんな使い方もあっていいと思う。

S-tation

S-tation高ヒット
投稿者asatakeasatake さんの画像をもっと!   前回更新2010-5-19 19:12    ヒット数583  コメント数0    

教室で使える便利なツールをイメージして、「S-tation」というソフトを開発しました。

現在、自校ではほとんどの教室で利用していただいておりますQ
朝、日直がこれを立ち上げてから放課後まで、常にS-tationが立ち上がっている状態です。
このS-tationには様々な機能がつけてありますが、一番利用頻度が高いのが「タイマー」です。
授業だけでなく、給食の配膳時間や、帰りの会の予定を書く時間など、それぞれのクラスで工夫した使われ方がされています。
「このように使わなければならない!」という作りではなく、「どのように使うかは利用者次第」というスタンスでソフトを創り上げることが重要だと思います。
これからも改善をしていく予定ですが、あくまでも「作りこまない」という事を忘れてはいけないと考えています。

「いつでも」「どこでも」「いつまでも」使えるソフト。
ご自由にお使いください!

実践まとめ

実践まとめ高ヒット
投稿者asatakeasatake さんの画像をもっと!   前回更新2011-1-30 20:14    ヒット数581  コメント数0    

Plusコンテンツ
Plus周辺機器
Plusネットワーク
 結局、本校の実践で見えてきたのはICT環境「Plusアイディア」という結論です。
 ICT機器に使われない。あくまでもICT機器は使うものです。
 教師のアイディアで、「これらの環境を生かす」ことがICT推進に一番大切なことだと考えます。
 
 ICTは常に変化し続けます。
 「将来的にどのように使おうか・・・」と考えるより、「今、どう使う!」かが重要です。
 積極的に使おうとする意欲も欠かせません。
 
 若い教師、ベテランの教師、ICTの得手・不得手、教科の特性・・・あらゆる使い方に柔軟に対応してくれるのがICTの良いところです。
 「このように使わなければならない!」という固定概念を捨て、生徒のためにアイディアを凝らしながら積極的に使ってみる。
 これからも、本校ではこのスタンスで実践を積み重ねていきたいと考えています。

最後はアナログ

最後はアナログ高ヒット
投稿者asatakeasatake さんの画像をもっと!   前回更新2012-1-31 16:18    ヒット数581  コメント数0    

数学で投影図の学習・・・。

立体を投影して、平面として捉えさせることで思考を深めます。
3Dの情報量を2Dに絞り込むことが必要となります。
これをする時こそICT…と思ってましたが・・・。

例えば円柱を正面からみると長方形になる。
でも、これはあくまでも「数論」での見え方でした。
実際に肉眼で捉えると、長方形には見えないんですよね。
人間の目の性能の高さが、それを不可能にしてします。
つまり遠近をうまく捉えてしまうために、どうみても長方形には見えない。

もちろん、数論上では長方形になるのですが、実視では長方形にはならない…。
ここを生徒にどう理解させるか?

3Dソフトを試してみたり、実際に光源を使って投影してみたり、更にはOHPの利用も考えて…。
こんな教材研究をしながら、最後にたどりついたのはアナログの手作り教材でした。

ICTは絶対ではないんですね。
場合によっては、ICT活用が思考の邪魔になってしまう事もある。
利用の判断基準は、授業の目的に合っているのかどうか?
デジタルとアナログの優位性はない。
両方とも共存していくことが望ましいのかな…。


plusコンテンツ④

plusコンテンツ④高ヒット
投稿者asatakeasatake さんの画像をもっと!   前回更新2011-1-30 19:58    ヒット数577  コメント数0    

■自作教材!
 既存のコンテンツを使うだけで学習活動のバリエーションは増えますが、時には自作教材も必要となります。
 本日の体育の授業では、イメージの拡充や学び方の補完という目的でビデオ教材を利用しました。
 このビデオ教材は、授業者が岐阜大学の支援を受けて自作したものです。
 自作教材はハードルが高いですが、今後は諸機関とのタイアップを図りならが「使える」コンテンツ開発にも取り組んでいきたいと考えています。

美術

美術高ヒット
投稿者asatakeasatake さんの画像をもっと!   前回更新2011-1-31 19:46    ヒット数574  コメント数0    

■モバイルで持ち歩く
 授業で使える教材をモバイルで持ち歩く。
通常はモバイルを自分のデータベースとして利用。乱雑になりがちなデータ管理を一元化して整理できるだけでなく、常に携帯して持ち歩けるというモバイル機器のフットワークの軽さに、最近は注目しています!
 常に持ち歩くモバイルの中は、いわば巨大な美術館。机間指導をしながら、生徒にあった資料を映像として提示します。
 さらに、ネット接続できる環境があれば、何時でも何処でも必要な教材を探し出し、すぐに教材化へと結び付けることができます!美術の場合は、個々に対応できる手をたくさん持っていた方が有効ですからね。
 また、必要な時は大型ディスプレイに大きく映し出して、一斉指導に使う事ができます。僕はi-touchを使っていますが、デジタルカメラを使っても同じような活用はできると思います。データをモバイルで持ち歩く!
 これからも有効活用を考えていきたいと思います。

■実物投影機
 美術では実物投影機も頻繁に活用します。制作の示範(㎜単位の動きが見える)に有効です。ディスプレイだけを見せるのではなく、教師の示範全体の動きを見せながら、その一部を実物投影機で切りだして見せるところがポイントです。あえて、生徒を前に集めて授業を進めます。

■プレゼン
 鑑賞学習への意欲・関心を引き出す鑑賞クイズ(プレゼンテーションソフトによる自作)も有効です

美術科では、最新端末機器・実物投影機・パソコンを大型テレビにつなぎ、「見る(観る)」力を育てることへの可能性を追求しています。

71 番~ 80 番を表示 (全 100 枚)« 1 2 3 4 5 6 7 (8) 9 10 »



ログイン
ユーザー名:

パスワード:


パスワード紛失

Day&Time

GGP-photo
GGP
PonTube(ランダム)
Open Contents


Twitter